芸藩通志 - 頼杏坪

芸藩通志

Add: amurogi68 - Date: 2020-12-10 06:34:17 - Views: 8936 - Clicks: 1297

76-R14g 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)DOI 10. 芸備郷土誌刊行会 1973. 1 『芸藩通志』と「国郡志下調べ書出帳」の提出 広島藩の地誌には,黒川道祐によって寛文3 年(1663)に編纂された『芸備 国郡志』があったが,『芸藩通志』編集後に頼杏坪が記したように,同書は領. 出所:「芸藩通志』(五巻本)第一巻 2(1)『芸藩通志』について 『通志』は頼杏坪らが中心になって編纂した「国郡志」の地方資料である。藩では文政 元(1818)年修志局を設けて,「国郡志野用二付下志良遍(下調)書二心」を村ごとに提. 『芸藩通志』は文政8年(1825)に頼杏坪らによって上梓された全159巻の安芸広島藩の地誌で、一部備後の浅野藩領も含まれる。 明治40年(1907)に広島図書館より刊行され、以降これを元に復刻版が発刊された。. 本書を『芸藩通志』と名付けたのは、頼杏坪の序によると、備後国では広島藩に属する郡村のみを扱い、全般に及ばなかったためとしている。・・・ 現在、『芸藩通志』の原本は旧広島藩主浅野家から広島市立中央図書館に寄託されている。.

単行本 この本は現在お取り扱いできません。 芸藩通志. 文政1(1818)年『芸藩通志』編修の命を受け,7年で完成させた。加禄されて三次町奉行専任となって郡務に努めた。著作>『原古編』『芸備孝義伝』『春草堂詩抄』『唐桃集』参考文献>重田定一『頼杏坪先生伝』 (水田紀久). 頼杏坪 | 1981/1/1. 11501/766158: 巻次: 巻3: 製作者: 国立国会図書館: 出版年(w3cdtf) 1915: ndc: 217.

尚、『芸藩通志』(全159巻)は、八代藩主浅野斉賢 なりかた が、儒臣 じゅしん の頼杏坪・加藤棕蘆 そうろ (景纉)・頼舜燾 芸藩通志 - 頼杏坪 みちてる 等に命じ、文化元 (1818)年から着手し、同8(1825)年に編纂 へんさん. ※ 芸藩通志は頼杏坪(らいきょうへい・頼山陽の父)に命じて編纂させた広島藩の地誌で、文政8年(1825)に完成している。 源姓小田氏系譜 中河内29世・ 小田正登 が昭和16年に、上記系図及び様々な文書に書かれている系譜を統合して一巻に纏めたもので. 第3巻 著者 頼杏坪 等編 出版者 「芸藩通志」刊行会 出版年月日 1963 請求記号 291. 芸藩通志: 著者: 頼杏坪 (惟柔) 等編: シリーズ名: 芸備叢書 ; 第1輯: 出版地: 広島: 出版社: 広島図書館ほか 出版年月日等: 明40-大4: 注記 共同刊行: 裳華房 (東京) jp番号:: doi: 10. 賴 杏坪 1756-1834 江戸時代後期の儒者。名は惟柔(これやす)、字は千祺(せんき)、通称は万四郎、号は杏坪、春草、杏はん(きょうはん)、杏翁等ある。賴 春水の末弟で山陽の叔父にあたる。安芸(現広島県)竹原に生まる。. 頼杏坪(らいきょうへい)の解説。1756~1834江戸後期の儒学者。安芸 (あき) の人。春水の弟。名は惟柔 (ただなご) 。字 (あざな) は千祺 (せんき) 。別号、春草。漢詩・和歌をよくし、また、広島藩の儒官として教育・治政にも功績があった。著「春草堂集」「芸藩通志」など。 - goo人名事典は15万. 芸藩通志(げいはんつうし)は、頼杏坪、加藤棕盧(株鷹)、頼舜燾、黒川方桝、津村聖山、吉田吉甫、正岡元翼によって著作・編纂された安芸国 広島藩の地誌で、文政8年(1825年)に完成した。.

延享三年(1746)~文化13年(1816) 安芸国竹原(広島県竹原市)に生まれる。名、惟完。字、千秋、伯栗。別号、霞崖、拙栄、和亭など。父惟清は紺屋(染物業)を営む町人。. 兄 :頼春水・頼春風 名 :惟柔(ただなご) 通称:万四郎 字 :千祺(せんき) 号 :春草、杏坪 著 :「芸藩通志」/「春草堂詩鈔」/七言絶句「海雨霏々」/和歌「安倍仲麻呂」/七言絶句「日々繙經」/「芸備孝義伝」/「唐桃集」など. 頼杏坪 頼杏坪の概要 ナビゲーションに移動検索に移動 頼杏坪(谷文晁『近世名家肖像』)略伝宝暦6年(1756年)7月、父又十郎(頼亨翁)、母仲仔の四男として竹原に生まれる。. 芸藩通志 (日本語) 単行本 – 1981/1/1 頼杏坪 (著) その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする. 古本・古書検索最大級の通販サイト 日本全国900軒の古書店、古本屋が参加 書籍データ600万件超 随時更新中 絶版書や探していた珍しい本・資料が見つかる買える!. 芸藩通志: 頼杏坪ほか/編著 国書刊行会/発行 1981 5冊 復刻版 広島藩の代表的地誌。広島藩による修史事業として芸備各村に提出させた「国郡志下調書出帳」をもとに,文政8年(1825)年完成。.

芸藩通志: 著者: 頼杏坪 ほか編著: 出版地: 東京: 出版社: 国書刊行会: 出版年月日等: 1981: 注記 広島図書館明治40年~大正4年刊の複製 注記 頼杏坪の肖像あり 注記 付 (別冊 7p 21cm) : 芸藩の被差別部落について 原田伴彦著 価格: 全5円 (税込) JP番号:. 11501/2996810 公開範囲 国立国会図書館内公開 詳細表示 資料種別 (materialType) Book タイトル (title. 11501/2987527 公開範囲 国立国会図書館内公開 詳細表示 資料種別 (materialType) Book タイトル (title. 文政1(1818)年『芸藩通志』編修の命を受け,7年で完成させた。・・・ 『原古編』『芸備孝義伝』『春草堂詩抄』『唐桃集』 重田定一『頼杏坪先生伝』 世界大百科事典 第2版 らいきょうへい【頼杏坪】 1756‐1834(宝暦6‐天保5) 江戸後期の儒者. 85年(天明5)春水に続いて広島藩に儒官として召し抱えられ,兄を補佐した。 官吏として有能で,1811年(文化8)納戸奉行に転じ,以後は民政担当の役人として藩政に尽くし,また159巻に及ぶ広島藩の地誌《芸藩通志》の編纂にあたった。.

頼 杏 坪 ( ら い き ょ う へ い ) に 命 じ た が 、 杏 坪 は 当 時 江 戸 詰 の 侍 講 で あ っ た こ と も あ り 、 事 業 に 着 手 で き な か っ た 。 し か し 同 八 年 に 郡 役 所 詰 と な っ て か ら は 編 さ ん 事 業 が 緒 に つ き 、 一 定 の 様 式 を. 芸藩通志(げいはんつうし)は、頼杏坪、加藤棕盧(株鷹)、頼舜燾、黒川方桝、津村聖山、吉田吉甫、正岡元翼によって著作・編纂された安芸国 広島藩の地誌で、文政8年(1825年)に完成した。. 頼 杏坪(らい きょうへい、宝暦6年(1756年)7月 - 天保5年7月23日(1834年 8月27日))は、江戸時代の儒学者、広島藩士。 諱は惟柔(ただなご)、字は千祺(せんき)・季立、号は春草堂、通称は万四郎、別号に春草、杏翁。. 第2巻 著者 頼杏坪 等編 出版者 「芸藩通志」刊行会 出版年月日 1963 請求記号 291.

【頼杏坪】より. 頼杏坪(らいきょうへい:) 儒学者。安芸国竹原出身。安芸広島藩士。長兄・頼春水、次兄・春風の弟。名は惟柔(ただなご)。通称万四郎。別号に春草、杏翁など。 春水にしたがい江戸服部栗斎(りつさい、儒者)にまなぶ。. 頼春水 頼春風 頼杏坪 Rai Shunsui,Shunpuu,Kyouhei. ・広島県竹原市の豪商に生まれる。 ・18歳で兄春水、春風に従って、大阪に遊学。 ・広島浅野藩を代表する儒学者 ・兄春風と共に広島浅野藩で藩士、子弟の儒学 教師。 ・安芸国の地誌芸藩通志の著作・編纂の. 芸藩通志 フォーマット: 図書 責任表示: 頼杏坪 ほか 編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 国書刊行会, 1981. 「芸藩通志」と名付けたのは頼杏坪の序によると備後国では広島藩に属する郡村のみを扱っているためとしています。 内容は、序につづき編修の由来、次第を記し、安芸と備後を分けてそれぞれの国名考、彊域形成、国府、路程駅郵考、郡邑建置沿革考など.

頼杏坪(惟柔) 等 | 1915/1. 第1巻, 第2巻, 第3巻, 第4巻, 第5巻. 芸藩通志は日本の機能的な動物、荷電粒子砲。芸藩通志については 加藤株鷹や 正岡元翼との関連が有名であり、 津村聖山の分野で高い評価を得ている。 また、 黒川方桝や 頼杏坪に関わるものとしても知られている。. 揃(谷文晁画 頼杏坪像 口絵入) / 冊数 : 5 / 刊行年 : 明治40 / サイズ(判型): b5. さらに、頼杏坪・加藤棕廬他編『芸藩通史』の記述をもとに清が『厳島図会』を編んだこと、芳樹による伝説の琵琶玄上の考察が纏められた「玄上考」等の芳樹の小論をのちに附したこと、大鳥居の検証の部分においては『芸藩通志』所載の杏平「重造厳島.

芸藩通志 - 頼杏坪

email: batyp@gmail.com - phone:(550) 881-8204 x 2017

地域と環境 ありんくりん - 沖縄国際大学公開講座 - 民事訴訟 制度趣旨六法

-> まりたんと話そう! CDブック
-> 上智福岡中学校 福岡県国立・公立・私立中学校入学試験問題集 平成30年

芸藩通志 - 頼杏坪 - 浜松市の小学校教諭 協同教育研究会


Sitemap 1

アジア太平洋の地域秩序と安全保障 - 菅英輝 - 死神剣士 白土三平